vol.6 免疫・膠原病・感染症Vol.6 Immunology, Collagen Diseases and Infectious Diseases

イラスト・画像・表で、関節リウマチが“みえる”!
インフルエンザやAIDSがわかる!

病気がみえるvol.6 免疫・膠原病・感染症
第2版 2018年9月15日発行 B5判 408頁
定価(本体3,500円+税) ISBN978-4-89632-720-5

一緒に「病気がみえる」を作りませんか?医学部出身社員(新卒・中途)& アルバイト募集中!

病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症(第1版)

商品コード:111661
販売価格(税込):2,700円
発売日:2016年12月19日
書籍版発行:2009年11月(第1版) ※第2版ではございませんのでご注意下さい。
対応機種:mediLinkアプリ準拠
※WindowsOS(Surface等)、MacOS(Mac/MacBook等)ではご利用になれません
必要空き容量:約400MB

vol.6 免疫・膠原病・感染症
vol.6 免疫・膠原病・感染症

収録内容

免疫

免疫総論

― 免疫の概念と免疫系

― 自然免疫

― 獲得免疫

― 腫瘍免疫

免疫の異常

― 免疫不全

― 原発性免疫不全症

― アレルギー

― アナフィラキシー(アナフィラキシーショック)

― アレルギー性鼻炎

― アトピー性皮膚炎

― 薬物アレルギー

― 食物アレルギー

― じんま疹

膠原病

膠原病

― 膠原病総論

― 関節リウマチ(RA)

― 若年性特発性関節炎(JIA)

― 成人Still病(ASD)

― 脊椎関節炎

― 全身性エリテマトーデス(SLE)

― 全身性強皮症(SSc)

― 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)

― 混合性結合組織病(MCTD)

― Sjögren症候群(SS)

― Behçet病

― IgG4関連疾患

血管炎症候群

― 血管炎総論

― 巨細胞性動脈炎(GCA)

― 結節性多発動脈炎(PAN)

― ANCA関連血管炎(AAV)

― 免疫複合体性血管炎

感染症

感染症総論

― 感染症総論

細菌

― 細菌

抗菌薬

― 抗菌薬

グラム陽性菌感染症

― グラム陽性菌

― ブドウ球菌感染症

― レンサ球菌感染症

― ジフテリア

グラム陰性菌感染症

― グラム陰性菌

― 大腸菌感染症

― 細菌性赤痢

― 腸チフス/パラチフス

― サルモネラ症

― コレラ

― 腸炎ビブリオ感染症

― カンピロバクター感染症

― 百日咳

― インフルエンザ菌感染症

― 緑膿菌感染症

― レジオネラ症

― 淋菌感染症

嫌気性菌感染症

― 嫌気性菌

― ボツリヌス症

― 破傷風

― ガス壊疽

抗酸菌感染症

― 抗酸菌

― 抗酸菌感染症

スピロヘータ感染症

― スピロヘータ

― 梅毒

特殊な細菌による感染症

― 特殊な細菌

― クラミジア感染症

― マイコプラズマ感染症

― リケッチア感染症

ウイルス感染症

― ウイルス

― かぜ症候群

― インフルエンザ

― ウイルス性下痢症

― 麻疹

― 風疹

― 流行性耳下腺炎

― ヘルペスウイルス感染症

― 尖圭コンジローマ

― 伝染性紅斑(リンゴ病)

― アデノウイルス感染症

― エンテロウイルス感染症

― ウイルス性脳炎

― ウイルス性出血熱

― HIV感染症/AIDS

― HTLV-1感染症

― プリオン病

真菌感染症

― 真菌

― カンジダ症

― アスペルギルス症

― クリプトコックス症

― ニューモシスチス肺炎

寄生虫性疾患

― 寄生虫

― 原虫

― マラリア

― アメーバ赤痢

― 腟トリコモナス症

― 蠕虫

監修者一覧

森尾 友宏 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科
発生発達病態学分野 教授
永田 智 東京女子医科大学医学部 小児科学講座主任 教授
安部 正敏 医療法人社団廣仁会 札幌皮膚科クリニック 院長
川人 豊 京都府立医科大学大学院 医学研究科
免疫内科学講座 病院教授
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
生体機能再生・再建学講座 整形外科 准教授
岳野 光洋 日本医科大学大学院 医学研究科
アレルギー膠原病内科学分野 准教授
梅原 久範 市立長浜病院 リウマチ膠原病内科 部長
市立長浜病院 リウマチセンター センター長
奧山 慎 秋田大学医学部 血液・腎臓・膠原病内科
病院准教授
中野 隆史 大阪医科大学医学部 微生物学 教授
大阪医科大学医学教育センター 副センター長
山口 敏行 東日本成人矯正医療センター 感染制御部門長
笠原 敬 奈良県立医科大学感染症センター 准教授
山﨑 善隆 長野県立信州医療センター 感染症センター長
中村 造 東京医科大学病院 感染制御部 講師
栗原 陽子 筑波大学附属病院 感染症科
加藤 英明 横浜市立大学医学部 血液・免疫・感染症内科
横浜市立大学附属病院 感染制御部
馬原 文彦 馬原医院 院長
木村 宏 名古屋大学大学院 医学系研究科
ウイルス学 教授
岩佐 和夫 金沢大学医薬保健研究域医学系
脳老化・神経病態学(神経内科学) 准教授
忽那 賢志 国立国際医療研究センター 国際感染症センター
国際感染症対策室 医長
荒井 邦明 金沢大学附属病院 消化器内科 講師
前﨑 繁文 埼玉医科大学 感染症科・感染制御科 教授
小林 富美惠 元 杏林大学医学部 感染症学講座 寄生虫学部門 教授
麻布大学 生命・環境科学部 客員教授
  ※ご所属は発行時のものです。

読者の声

微生物学の実習の予習に使ってとても役に立ちました。免疫学の混沌とした知識も、整理して覚えることができました。(福岡県 栄養学生 M.K.さん)

細菌感染症について知りたい情報が網羅されていたので、実習生を指導する際も大変使いやすかった。(神奈川県 薬剤師 R.W.さん)

学びにくい膠原病分野を非常にわかりやすく示しており、医師になった後も長く付き合っていきたい一冊だと感じました。(京都府 医学生 T.K.さん)

大学の講義用テキストに指定されています。アレルギーの項目で、Ⅰ型からⅣ型までの分類の違いが明確に書かれていて勉強しやすかったです。(東京都 薬学生 M.K.さん)

追加コンテンツ

画像コンテンツ(第2版と併せてお使い下さい)

感染症法における感染症の分類(第1版・第2版をご購入の方へ)

感染症法に基づく届出疾患(1〜5類感染症他)

「感染症法に基づく届出疾患」につきまして、
第1版発行後に感染症法の改正があり、
また第2版にも全疾患名を収録しきれなかったため、
ここに追加版の一覧表としてまとめました。
どうぞ、ご利用ください。

※届出基準の詳細、最新情報につきましては、下記の厚生労働省ホームページをご参照ください。
感染症法に基づく医師の届出のお願い(外部リンク)

関節リウマチの分類基準改訂について(第1版をご購入の方へ)

ACR/EULAR 分類基準

2010年に、アメリカリウマチ学会(ACR)とヨーロッパリウマチ学会(EULAR)との合同による新たな関節リウマチ分類基準が発表されました。
『病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症(第1版)』はこの改訂前に発行されているため、この分類基準のポイントを追加版としてまとめました。
どうぞ、ご利用ください。

注目点/改訂のポイント

約20疾患を追加し、88ページの大増量!

初版では記載のなかった「自己炎症性疾患」「IgG4関連疾患」
「劇症型A群レンサ球菌感染症」「SFTS」など約20疾患を追加しました。

初版収録部分もアップデートし、大幅に刷新!

「免疫」「アレルギー」「感染症」「抗菌薬」などの総論を全面的に刷新。
「結核」「HIV感染症」「プリオン病」などの疾患各論も、
病態生理から検査・治療まで記載をさらに充実させました。

最新のガイドライン・指針を反映!

初版以降に公開・改正された主な診療ガイドライン・指針

  • 原発性免疫不全症候群診療の手引き
  • アレルギー総合ガイドライン2016
  • 職業性アレルギー疾患診療ガイドライン2016
  • ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン
  • 成人スチル病診療ガイドライン2017年版
  • ANCA関連血管炎の診療ガイドライン2017
  • JAID/JSC感染症治療ガイドライン
  • 日本版敗血症診療ガイドライン2016
  • MRSA感染症の治療ガイドライン2017年改訂版
  • 結核診療ガイドライン改訂第3版
  • 呼吸器感染症治療ガイドライン
  • 成人の新型インフルエンザ治療ガイドライン
     第2版
  • 成人肺炎診療ガイドライン2017
  • 性感染症診断・治療 ガイドライン2016
  • 抗HIV治療ガイドライン
  • etc more…

ご購入はこちら