正誤表ERRATA

vol.9 婦人科・乳腺外科

(2018年03月更新)

項目
245 治療のながれ

〔第4版 第1刷〕
・精液所見の異常を認めた場合,泌尿器科での診察を勧め,内分泌異常,精静脈瘤〔病⑧p.334〕などがあればそれに対する治療を行う.

・精液所見の異常を認めた場合,泌尿器科での診察を勧め,内分泌異常,精静脈瘤〔病⑧p.334〕などがあればそれに対する治療を行う.

247 卵子の質の低下

〔第4版 第1刷〕

・卵子は胎生期につくられた後に増えることはなく〔p.102

・卵子は胎生期につくられた後に増えることはなく〔p.100

項目
121 発生リスクの増加

〔第3版 第1~2刷〕
妊娠・出産期間中は,エストロゲン分泌が減少する

 

 

 

妊娠期間中はエストロゲン分泌は上昇する(が,黄体ホルモン分泌量も増加するため,子宮内膜症発生リスクは低い)

121 発生リスクの増加

〔第3版 第1~2刷〕
妊娠・出産期間中は黄体ホルモン増加し,エストロゲン分泌が減少することから,

 

 

妊娠期間中エストロゲン分泌量が増加するが,黄体ホルモン の分泌量も増加し,子宮内膜様組織の増殖を抑制する.このため

226 不妊症の定義

〔第3版 第1~4刷〕

 

 

 

241 治療の流れ

〔第3版 第1〜6刷〕
・精液所見の異常を認めた場合,泌尿器科での診察を勧め,内分泌異常,精静脈瘤〔vol.8:334頁〕などがあればそれに対する治療を行う.

・精液所見の異常を認めた場合,泌尿器科での診察を勧め,内分泌異常,精静脈瘤〔vol.8:334頁〕などがあればそれに対する治療を行う.

278 乳癌罹患率の推移

〔第3版 第1~2刷〕

項目
5 卵巣(図中・原始卵胞の説明文)

〔第2版 第1~6刷〕
・一卵母細胞と~

 

・一卵母細胞と~

24 原因部位に応じた無月経の分類(表内)

〔第2版 第1~6刷〕
早発卵巣機能不全(早発閉経)〔95頁〕

 

早発卵巣機能不全(早発閉経)〔97頁〕

66 淋菌とクラミジアの年齢別罹患率
(グラフタイトル)

〔第2版 第1~6刷〕
性感染症定点報告疾病の連例分布

 

性感染症定点報告疾病の年齢分布

191 尿管の走行(本文中)

〔第2版 第1~6刷〕
・尿管は~前層と層の~

 

・尿管は~前層と層の~

175 卵巣チョコレート嚢胞との
鑑別表項目名

〔第2版 第1~6刷〕
卵巣チョコレート嚢胞(108頁)

 

卵巣チョコレート嚢胞(119頁)