正誤表ERRATA

薬がみえる vol.3

(2019年04月更新)

項目
(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(細胞膜機能阻害薬の行)

〔第1版 第1刷〕

ポリミキシンB

ポリミキシンB

(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(左列のページ列
1行目)

〔第1版 第1刷〕

190

189

(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(左列のページ列
2行目)

〔第1版 第1刷〕

191

190

(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(左列のページ列
3行目)

〔第1版 第1刷〕

192

191

(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(左列のページ列
4行目)

〔第1版 第1刷〕

193

192

(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(左列のページ列
5行目)

〔第1版 第1刷〕

188

194

(巻頭)xxi 掲載薬剤一覧(左列のページ列
6行目)

〔第1版 第1刷〕

188

194

2 消化器の解剖

〔第1版 第1~2刷〕

18 ロペラミドの作用機序

〔第1版 第1刷〕

●以上の作用の他,マイスネル神経叢の~

●以上の作用の他,マイスナー神経叢の~

74 略語

〔第1版 第1~2刷〕

2本鎖RNA依存性プロテインキナーゼ(PKR):~

本鎖RNA依存性プロテインキナーゼ(PKR):~

75 IFNの作用機序(カコミ内の図中)

〔第1版 第1~2刷〕

eIF-2αキナーゼ

eIF-2α

75 IFNの作用機序(カコミ内の文中)

〔第1版 第1~2刷〕

●活性型PKR二量体は,mRNAの翻訳開始因子であるeIF-2αキナーゼを不活性化し~

●活性型PKR二量体は,mRNAの翻訳開始因子であるeIF-2αを不活性化し~

75 略語

〔第1版 第1~2刷〕 真核生物翻訳開始因子2αキナーゼ(eIF-2αキナーゼ):eukaryotic initiation factor-2α kinase

真核生物翻訳開始因子2α(eIF-2α):eukaryotic initiation factor-2α

80 慢性肝炎治療薬まとめ

〔第1版 第1~3刷〕

140 感染源による分類

〔第1版 第1刷〕

内因性感染 ●宿主に存在する常在微生物叢〔p.139〕が感染源の場

内因性感染 ●宿主に存在する常在微生物叢〔p.139〕が感染源の場

147 予防接種(主な対象疾患・病原体の行)

〔第1版 第1刷〕

百日咳(T) 破傷風(P

百日咳(P) 破傷風(T

153 アルドステロン症の薬物療法

〔第1版 第1~5刷〕

●塩分製剤,K製剤

●塩分制限,K製剤

198 カルバペネム系抗菌薬(1文目)

〔第1版 第1~2刷〕 放線菌(Streptococcus cattleya

放線菌(Streptomyces cattleya) 読み方:ストレプトマイセス カトレヤ

212 無効な環境(2~3文目)

〔第1版 第1~2刷〕

●しかし,アミノグリコシド系薬は水溶性であるため細胞膜を通過できない.そのため,好気的エネルギーを利用して細胞質に取り込まれる.よって,酸素のない嫌気的な環境では無効である.

●また,細胞膜を通過するためには陽性に荷電した状態でなければならないが,酸性下では陽性荷電の状態が弱まるため,酸性の環境では抗菌活性が低下する.

●しかし,アミノグリコシド系薬は水溶性であるため細胞膜を通過できない.

●そのため,アミノグリコシド系薬の取り込みは,好気的エネルギーにより生じるプロトンを,細胞外に排出する駆動力によって行われると考えられている.

●嫌気的環境ではプロトンを産生できず,また,酸性環境では膜電位の低下からプロトン駆動力が低下するため,これらの環境下ではアミノグリコシド系薬の取り込みが低下する.

214 テトラサイクリン系抗菌薬

〔第1版 第1~2刷〕

一般名 ②ミノサイクリン(MINO)・・・内,,注

一般名 ②ミノサイクリン(MINO)・・・内,口腔,注

280 ウイルスと細胞の関わり合い(②潜伏感染・持続感染の行)

〔第1版 第1~2刷〕

●感染された宿主細胞は,CPEを起こすことなく,ウイルスと共存した状態で分裂を続ける

●この状態の感染宿主細胞は,宿主の免疫系が働かず,排除されない

●感染された宿主細胞は,ウイルスと共存した状態で生存し続けたり,症状を引き起こさない程度の微量のウイルスを産生することがある

●この状態の感染宿主細胞は,宿主の免疫系を回避して,排除されにくい

280 ウイルスと細胞の関わり合い(③発がん感染の行)

〔第1版 第1~2刷〕

●感染された宿主細胞は,染色体DNAにウイルスの遺伝子が組み込まれることでがん細胞へと変化し,無限に増殖するようになる.

●感染された宿主細胞は,染色体DNAにウイルスの遺伝子が組み込まれるなどの機序によりがん細胞へと変化し,無限に増殖するようになる.

280 ウイルスと細胞の関わり合い

〔第1版 第1~2刷〕

●溶解感染は宿主細胞が破壊されるが,発がん感染は宿主細胞が無限に増殖する.持続感染・潜伏感染はこれらの中間に位置する様式であり,宿主細胞の増減はない.

[内容が不正確であったため削除]

280 ウイルスと細胞の関わり合い(フキダシ内)

〔第1版 第1~2刷〕

~その後,持続感染を起こすようになり,体内に潜み続けます.老化による免疫低下や免疫抑制薬投与などにより宿主の免疫系が弱まったときに,再び溶解感染を起こし,そこから放出されたウイルスの一部が発がん感染を起こします

~その後,潜伏感染を起こすようになり,体内に潜み続けます.老化による免疫低下や免疫抑制薬投与などにより宿主の免疫系が弱まったときに,溶解感染や発がん感染を起こします

281 ウイルスの複製と翻訳(DNAウイルスの行)

〔第1版 第1~2刷〕

281 ウイルスの複製と翻訳(DNAウイルスの行)

〔第1版 第1~2刷〕

宿主細胞のDNAポリメラーゼを借用し,ウイルスDNAを複製する.

ウイルス固有もしくは宿主細胞のDNAポリメラーゼを使用し,ウイルスDNAを複製する.

317 イミダゾール系抗真菌薬

〔第1版 第1~2刷〕

一般名 ①ミコナゾール(MCZ)・・・,注,腟, ②クロトリマゾール(CTZ)・・・,腟,

一般名 ①ミコナゾール(MCZ)・・・口腔,注,腟, ②クロトリマゾール(CTZ)・・・口腔,腟,

327 白癬(1文目)

〔第1版 第1~3刷〕 Trichopyton属

Trichophyton属

433 がん薬物療法のレジメン

〔第1版 第1~2刷〕

パロノセロン

パロノセロン

434 Minimum Essence 症状・所見

〔第1版 第1~2刷〕 SIADH〔②p.122〕

SIADH〔②p.122〕

572 索引

〔第1版 第1~2刷〕

eIF-2αキナーゼ

eIF-2α

578 索引

〔第1版 第1~3刷〕
Trichopyton属

Trichophyton属