病気がみえる vol.4 呼吸器Vol.4 Respiratory System

解剖生理・検査から、肺癌、COPD、喘息まで
呼吸器の全てを徹底ビジュアライズ

第3版 2018年12月発行 B5判 384頁
定価(本体3,500円+税) ISBN978-4-89632-730-4

病気がみえる vol.4 呼吸器(第3版)

商品コード:111941
販売価格(税込):3,240円
発売日:2019年3月5日
書籍版発行:2018年12月(第3版)
対応機種:mediLinkアプリ準拠
※WindowsOS(Surface等)、MacOS(Mac/MacBook等)ではご利用になれません
必要空き容量:約400MB

病気がみえる vol.4 呼吸器
病気がみえる vol.4 呼吸器

収録内容

呼吸器

解剖と生理

― 呼吸器の解剖

― 呼吸生理

― 酸塩基平衡

症候

― 症候

呼吸器診察

― 身体診察

呼吸機能検査

― 動脈血ガス分析

― 拡散機能検査

― 換気機能検査

画像検査

― 胸部X線検査

― 胸部CT,MRI,核医学検査

― 内視鏡検査

呼吸不全

― 呼吸不全

呼吸器感染症

― 呼吸器感染症総論

― かぜ症候群

― インフルエンザ

― 肺結核〔症〕

― 粟粒結核

― 非結核性抗酸菌症

― 肺炎総論

― 細菌性肺炎

― 非定型肺炎

― ウイルス性肺炎

― 肺真菌症総論

― 肺アスペルギルス症

― 肺クリプトコックス症

― ニューモシスチス肺炎(PCP)

免疫・アレルギー性肺疾患

― 免疫・アレルギー性肺疾患総論

― 喘息(気管支喘息)

― アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)

― 好酸球性肺炎

― アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

― 過敏性肺〔臓〕炎

― サルコイドーシス

― ANCA関連肺疾患

― Goodpasture症候群

間質性肺疾患

― 間質性肺疾患総論

― 特発性間質性肺炎(IIPs)

― じん肺

閉塞性肺疾患

― 閉塞性肺疾患総論

― COPD(慢性閉塞性肺疾患)

― びまん性汎細気管支炎(DPB)

肺腫瘍

― 肺腫瘍総論

― 非小細胞肺癌/扁平上皮癌/腺癌

― 小細胞肺癌

― 転移性肺癌

肺循環障害

― 肺循環障害総論

― 肺高血圧症

― 肺水腫

― 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)

― 肺血栓塞栓症(PTE)

― 肺動静脈瘻

換気異常

― 換気異常総論

― 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

― 過換気症候群

胸膜疾患

― 胸膜疾患総論

― 胸膜炎

― 気胸

― 胸膜腫瘍

縦隔疾患

― 縦隔疾患総論

― 縦隔腫瘍

胸部外傷

― 胸部外傷総論

― フレイルチェスト(動揺胸郭)

その他の呼吸器疾患

― その他の呼吸器疾患総論

― 気管支拡張症

― 肺胞蛋白症(PAP)

― 肺嚢胞症

― リンパ脈管筋腫症(LAM)

― 肺分画症

― 気道異物

呼吸管理とその他の治療

― 呼吸管理

― 呼吸リハビリテーション

― 禁煙治療

監修者一覧

巽 浩一郎 千葉大学 医学部 呼吸器内科 教授
松村 讓兒 杏林大学 医学部 解剖学 教授
小林 弘祐 学校法人北里研究所 理事長
飯野 靖彦 日本医科大学名誉教授
医療法人社団やよい会 理事長
/あだち江北メディカルクリニック 院長
長尾 大志 滋賀医科大学 呼吸器内科 講師・教育医長
田邉 信宏 千葉大学大学院 医学研究院
先端肺高血圧症医療学 特任教授
酒井 文和 埼玉医科大学国際医療センター
共通部門 画像診断科 教授
坂口 浩三 埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器外科 診療部長
青島 正大 亀田総合病院 呼吸器内科 主任部長
山崎 善隆 長野県立信州医療センター 感染症センター長
吉田 耕一郎 近畿大学医学部附属病院
安全管理部 感染対策室 教授・室長
谷口 正実 独立行政法人国立病院機構相模原病院
臨床研究センター長
坂東 政司 自治医科大学 医学部 内科学講座
呼吸器内科学部門 教授
武内 浩一郎 富山労災病院 勤労者呼吸器病センター長
青柴 和徹 東京医科大学茨城医療センター
内科(呼吸器) 教授
滝口 裕一 千葉大学医学部附属病院 臨床腫瘍部 教授
浦野 哲哉 東海大学 医学部 基礎医学系医学教育学 教授
黒澤 一 東北大学大学院 医学系研究科
産業医学分野 教授
  ※ご所属は発行時のものです。

読者の声

胸部X線写真の見方が、一緒に掲載されているイラストやテキストにより、よく理解できました。誰かに聞きたくても聞けない分野だったので、とても助かりました。(愛知県 看護師 N.O.さん)

看護書では物足りない、医学書的な部分も分かりやすく書かれており、ドクターのカルテも読みやすくなりました。入院患者と一番身近に関わっている看護師として、医師よりも早く異常を発見するのに役立ちます。(静岡県 看護師 T.S.さん)

換気機能検査のイラストが分かりやすい!換気障害の分類まで、ばっちり理解できた!(医学部4年 千葉県 K.N.さん)

病気の知識は学校教育の中で不十分で苦手にしているコメディカルが多いと思う。そのため、このように基礎的な所から解説してあるとありがたい。(埼玉県 理学療法士 S.I.さん)

追加コンテンツ

音コンテンツ

注目点/改訂ポイント

肺癌、COPD、喘息、肺炎などの代表的な呼吸器疾患を大幅アップデート!最新のガイドラインに基づき、治療方針の変更、新しい治療薬、新しい疾患概念などを盛り込みました。

第2版以降に公開・改訂された主な診療ガイドライン・指針

  • 結核診療ガイド〈2018年〉
  • 成人肺炎診療ガイドライン2017
  • 喘息予防・管理ガイドライン2018
  • ANCA関連血管炎診療ガイドライン2017
  • 特発性肺線維症の治療ガイドライン2017
  • COPD診断と治療のためのガイドライン2018(第5版)
  • 喘息とCOPDのオーバーラップ診断と治療の手引き2018
  • 肺癌診療ガイドライン2017年版
  • 臨床・病理肺癌取扱い規約第8版〈2017年〉
  • 肺高血圧症治療ガイドライン(2017年改訂版)〈2018年〉
  • ARDS診療ガイドライン2016
  • 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン〈2017年改訂版〉
  • 呼吸リハビリテーションに関するステートメント〈2018年〉
  • etc more…

呼吸管理、呼吸リハビリテーションをさらに充実!

臨床現場で重要な呼吸管理、呼吸リハビリテーションを増ページ。より詳しく、よりわかりやすくなりました。

スマホで呼吸音が聴けるようになりました

本書内に掲載しているQRコードをスマートフォンで読み取り、専用サイトにいくと、正常呼吸音、副雑音のサンプルを聴くことができます。